8月(下旬)の尾瀬

 今年も尾瀬に行ってきました。
 衆議院選挙真っ盛りの8月29、30日です。期日前投票をすませた5人は雨の中一路群馬県へ。
高速道路1,000円の事もあり、日光付近は混雑するだろうということで、
         の発案により今回は新潟県側より、東北道、北陸道、関越道経由で沼田ICで降り(当然1,000円!)、戸倉まで一般道路で計4時間、
日光回りで混雑してない時と大差ない時間で到着できました。

須藤リーダー

 お昼頃に山ノ鼻到着。カツ重や朝のおにぎりの残りなど消化。
このカツ重、大当たり!
(山で食べるからおいしいのかも)

 ヒツジグサは“未の刻”(午後1時から3時)に咲く花からの由来。
と始めて聞いてびっくり。ちょうど通ったのが午後1時半ころで、なるほどと感心しました。
それまでは羊の群れの如く点々と咲くのかなあーと思ってましたよ。

下の写真は
オゼコウボネと一緒に群れているところ。 

クリックで大画面

 下界の雨とは打って変わり、曇りではあるものの暑くもなく寒くもなく快適なハイキングを楽しめました。
夏の尾瀬は空いているとは聞いてましたが、これほど空いているとは思いませんでした。(快適、快適)

 これがトリオカブトの花と教えられ、イメージとは違いびっくり。正確には“オゼトリカブト”のようです。